読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

99ln(99/e)

人生のログ(にしたい)。本のメモや感想を中心に。

AP受かったっぽい

2016年秋の応用情報技術者試験うかったっぽいので早速。合格証書はまだ先なので一応ぽい。 そもそも如何に適当なスタイルで受かったかどうかを書くためだけに受けたので証書も届いてないうちにノリノリで書いておくわけですね。だので当然役に立つ記事ではな…

『データ解析のための統計モデリング入門』3章と6章覚え書き

Pythonでやってみた系のあれ。結局pandasとかstatsmodelsとか初めて触れるんだからRで書いてある通りに実行したほうがいいのでは?とかQiitaに書けとかQiitaにすでに記事いくつかあるじゃんとかは気にしない気にしない。

『情報量基準』

情報量規準 (シリーズ・予測と発見の科学) 作者: 小西貞則,北川源四郎 出版社/メーカー: 朝倉書店 発売日: 2004/09/01 メディア: 単行本 クリック: 14回 この商品を含むブログ (7件) を見る いい本です。借りて読んだけれどそのうち買おう。 1章:統計的モデ…

近況3/15

いまは卒論発表を無事終えて(直後の懇親会的なものでやらかしはしたけど)その翌日に即帰省をし療養中。 療養ということでストレッチから始めてぼちぼち運動をしてる。最初は軽いストレッチで全身の筋肉と関節が悲鳴を上げたり、腕立て伏せをすると肘が軋む上…

『脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方』

脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方 作者: ジョン J.レイティ,エリックヘイガーマン,John J. Ratey,Eric Hagerman,野中香方子 出版社/メーカー: 日本放送出版協会 発売日: 2009/03 メディア: 単行本 購入: 31人 クリック: 757…

将棋

1月の頭くらいから何故か将棋をはじめた。ヘボいけど楽しい。何故はじめたかといえば周囲で流行っていたからだけれど、流行り自体は12月くらいからだったし、夏には某まるさん、そういえば去年には同期に誘われていたのにこのタイミングからだったのはよくわ…

『ウォール街の物理学者』『金融の世界史: バブルと戦争と株式市場』

年末に読んだ2冊なのでまとめて書く。どちらも面白かった。 ウォール街の物理学者 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) 作者: ジェイムズ・オーウェン・ウェザーオール,高橋璃子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2015/06/04 メディア: 文庫 この商品を含む…

『リスクを知るための確率・統計入門』

リスクを知るための確率・統計入門 作者: 岩沢宏和 出版社/メーカー: 東京図書 発売日: 2012/02/07 メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 18回 この商品を含むブログ (7件) を見る 5章の損保数理入門は流してとりあえず読み終えたことにした。 一応本…

『損害保険の知識』

損害保険の知識<第3版> (日経文庫) 作者: 玉村勝彦 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社 発売日: 2011/05/14 メディア: 新書 クリック: 3回 この商品を含むブログ (1件) を見る いろいろ書いてあるので単純に頭がパンクする。 とりあえず第三分野のウ…

『あなたの人生の物語』

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF) 作者: テッド・チャン,浅倉久志・他 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2003/09/30 メディア: 文庫 購入: 40人 クリック: 509回 この商品を含むブログ (390件) を見る 端的に言って面白かった。とくに好きな作品は以下…

近況@12/10

ここ一ヶ月くらいのことをまとめて書く。 ・同人CD,ゲームの類を売った 先月の本よりも少ない数で合わせて25k程度で売れた。中学生のころから集めていたものも、手放すときにはあまり感慨もなくただ本より高く売れるのだなあくらいに思った。 ・実験マシーン…

本を売った

理工書や新書を合わせて計60冊近く売り、合わせて1万円と少しになった。一冊の値は800円ついたものから10円まで幅広く。比較的定評がある本だと数百円にはなるのかしら。状態は総じて極端に悪くはないけれどそこまで良いわけでもないくらい。 見積もりも査定…

FGO進捗 9/11

所持鯖はこんな感じ。一応写ってないけど上の方にレベル1の孔明もいる。星4鯖配布のときはエミヤ2枚目か迷ったけれど結局タマモを受け取った。 バーサーカーがフレンド頼りで、だいたいはヘラ辺りを使えるけれど、稀にバーサーカーを選べないこともあるので…

笹会@大阪 8/22〜8/25

某試験も終わり大阪に行って参りました。大阪の街に降り立ったのは始めてでした。 8/21に桜木町から夜行バスに乗り22日早朝に難波へ。ネカフェで時間を潰しほどよい時間になったところで某氏と合流。お昼にお好み焼きを食べ、夜は某氏の友達と新世界で串かつ…

Fate/Grand Order はじめました

こんなことやってる場合じゃないはずなんだが…… とりあえず進捗としては現時点で配信済みの2章まで終了。 面子は何も考えていないので概ねこんな感じ。礼装はちょくちょく変えてみてる。 2章後半のキャスター+ライダー戦とフラウロス戦と最後のセイバー戦は…

『ディファレンス・エンジン』

ディファレンス・エンジン〈上〉 (ハヤカワ文庫SF) 作者: ウィリアムギブスン,ブルーススターリング,William Gibson,Bruce Sterling,黒丸尚 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2008/09 メディア: 文庫 購入: 11人 クリック: 105回 この商品を含むブログ (79…

某試

院試の受験票が届いた。ワンチャンA日程あるか?!と思っていたけどやっぱりB日程だったよ…… 内部だし、某クソスレ眺めたりとか適当にTwitter検索した限りだとGPA的には僕の芳しくない成績でも貰いうる水準だったように思えるし、専攻が学部と全然違う/来年…

『統計力学 I』

統計力学〈1〉 (新物理学シリーズ) 作者: 田崎晴明 出版社/メーカー: 培風館 発売日: 2008/12 メディア: 単行本 購入: 11人 クリック: 87回 この商品を含むブログ (24件) を見る 7月頭くらい?〜7/20 やっぱりアインシュタインはすごい(KONAMI)。 1章で統計…

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229)) 作者: フィリップ・K・ディック,カバーデザイン:土井宏明(ポジトロン),浅倉久志 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 1977/03/01 メディア: 文庫 購入: 70人 クリック: 769回 この商品を含むブロ…

『統計学入門』

統計学入門 (基礎統計学) 作者: 東京大学教養学部統計学教室 出版社/メーカー: 東京大学出版会 発売日: 1991/07/09 メディア: 単行本 購入: 158人 クリック: 3,604回 この商品を含むブログ (84件) を見る たぶん4,5月ころ〜7/19 ちまちま読んでた。 推計統計…

コードギアス 亡国のアキト 4章「憎しみの記憶から」感想

思いの外笑えたのでネタバレ込みで。 うろ覚えあらすじ(バレ) 方舟に乗り込んだwZERO部隊。そこに待ち構えていたのはアシュレイ・アシュラ(笑)だった。その頃スマイラス将軍はレイラを焚き付け演説させ民衆の暴動を止めさせる。 アシュレイ・アシュラとの決…

やけど その2

やけどしたところがマジで痛すぎて歩けなくなってとりあえず水曜、たぶん金曜までもろもろ丸っと休むことにしました。 月曜に湿潤療法やってる病院に連れてってもらって、処置が変わったら右足に体重かけるのが比較的楽になったし、シャワーのときに水をかけ…

『図解・ベイズ統計「超」入門』

図解・ベイズ統計「超」入門 あいまいなデータから未来を予測する技術 (サイエンス・アイ新書) 作者: 涌井貞美 出版社/メーカー: SBクリエイティブ 発売日: 2013/12/18 メディア: 新書 この商品を含むブログ (13件) を見る 6/11〜6/13 ★★★☆☆ 文字通り超入門…

『人工知能は人間を超えるか』と『AIの衝撃』

同系統の本で、読んだ時期も比較的近かったのでまとめて。 人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書) 作者: 松尾豊 出版社/メーカー: KADOKAWA / 中経出版 発売日: 2015/03/10 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (10件) を見る 期間:6/7〜6/8 ★★★…

やけど

7/5の早朝にお湯を右足の甲にかけてやけどしました。お湯をかけたときの記憶があまり残ってなくてコーヒーをいれるところだったのと、とにかくゲラゲラ笑っていたのと、水をかけるためにシンクの高さまで足を上げていたはずということだけ覚えてます。 当日…

『ゼンデギ』

ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 作者: グレッグイーガン,山岸真 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2015/06/24 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (5件) を見る 期間:6/30〜7/3 ★★★★★ 久々のイーガン。イーガンのよさは圧倒的なディティールとそれによる説得…

『「やりがいのある仕事」という幻想』

「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書) 作者: 森博嗣 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2013/05/10 メディア: 新書 この商品を含むブログ (23件) を見る 期間:7/3〜7/3 ★★★★☆ 森博嗣の小説を読んだことはない。 おれも原理的にはそう思う/思い…

『ソラリス』

ソラリス (ハヤカワ文庫SF) 作者: スタニスワフ・レム,岩郷重力,沼野充義 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2015/04/08 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (11件) を見る 期間:たぶん6/26〜6/30 ★★★★☆ 俗にいう「知的生命体」が他の星にいたとして、…

Persepolis in Tohoku参加してました。

最近は全然Ingressをしていなかったけど前々から約束してたので3人で行ってきました。ちなみに緑のA10。イベント自体の様子は散々流れているだろうから省略して個人的なことだけ。楽しかったです。20日1.20日3時半ころ千葉県某所発〜9時前仙台の宿着早朝の車…

より酷いのかもしれない

1.たとえば目の前にスカートをはいた女の子がいて、その女の子は量子的なパンツ(存在するか存在しないかの二つの状態がある)を履いているとする。その女の子がパンツを履いているかいないかというのは、観測者がスカートをめくるまで確定せず、観測者がめく…

『流通大変動 現場から見えてくる日本経済』

読み始め6/11 読み終わり6/11面白かった。自分のような経済どころか社会に疎い人間向きの本ではあった。メモ全体・成熟した市場では特定の消費者を深掘りしていく「農耕型」のマーケティングが有効。・POSは40代男性のような情報だけだから不十分→会員カード…

『現代の金融入門』

読み始め6/5 読み終え6/10銀行の役割から伝統的な銀行業や最近の金融商品(何とかデリバティブとか)などまで手広く書いてある。説明が込み入ってくると大抵分かりやすいイメージ図が出てくるので良心的。正直なところ頭にこういう分野の大略を描いた地図がな…

『ベイズ統計と統計物理』

読み始め6/9 読み終え6/9・あぶすとまえがきにもある通り、「統計物理と統計的な情報処理が似ている」ということが書いてある。似ているというのはベイズの公式P(x|y)=P(x,y)/\sum_x P(x,y)とカノニカル分布の式が似ているということ。条件付き確率を使った…

2015年3月雑感

3月の小説と映画は後日。10日ころから例によって2週間程度実家に帰省していた。今までは1ヶ月以上がザラだったので2週間は少ないほう。とはいえこれからはもっと短い期間の帰省になると思う。実家で何をしていたかというとこれも例によって映画を観たり本を…

『あなたのための物語』感想

読み終えたときには目が赤く腫れていた。当然成功してるわけでもなし能力も全く足らないから、サマンサに投影する資格はないのだけれど、似たような恨みを抱えつづけている人間には響き過ぎる。"そういうことが(テクノロジーによって)可能だとして"の話なの…

3/3

服とか鞄とか美容とか日用品とかにほとんどお金を使わず、自分の精神の安寧につながる出費しかしていないという点で、現状が最高に切り詰めた生活なんじゃないか。……とか言ったら方方にブチ殺される気がしたのでここに書いておきます。

ドライブ旅行

ツイのオタクたちと2/25〜2/27にかけてレンタカーを借りて旅行した。初日に東京〜平等院〜関西空港〜天橋立と移動。二日目の朝に天橋立を観て、そのあとは京都市街に車を置いて夜は飲んだりした。三日目は豊郷へ行き、長野経由で帰った。 初日はほとんど移動…

2月に読んだ本/観た映画まとめ

読んだ本が少ないので映画とまとめて書く。本・『量子力学1』 小出昭一郎言うほど分かりやすくない気はする。・『二十二分間の予言』 笹帽子おれも肉骨茶食べたい。・『BEATLESS』 長谷敏司やはりボーイミーツガールは最高だし、幼馴染の親友と云々も最高だ…

『BEATLESS』感想

2月に読んだ本まとめに一言書くつもりが思いの外長くなったので別ページにした。ずいぶん積んであったのをようやく読んだ。某人の言及の仕方から割と堅いSFなのだと思っていたけれど、主要人物の年齢とそれに合わせた文体という意味でラノベっぽい。ヘヴィだ…

2月19日

・グロッソ以下略8章の途中くらいまで一応読み進めた。5章はLCAO法やOPW法くらいまでは分かりやすいけど、その後はいまいち掴めてすらいない。OPW法の困難をいかに取り除くかみたいな話っぽい気はした。7章8章は前に眺めたときは全くわからなかったが、今回…

2月16日

2月16日といえば〜の日ですね、という具合の書き出しにしたかったのだけど、Wikipediaの項目を見たらフィクションのできごとの欄に目ぼしいことがなかったので諦めた。一日のうちに何もしていない時間(本当に文字通り気がついたら1〜2時間経過している)が多…

『量子力学(I)』小出昭一郎 感想

ちゃんとした(?)量子"力"学の本をちゃんと読むのは初めてだったかもしれない。1章はよくあるあれ。シュレディンガーの顔写真が若くてイケメン。3章の演算子の固有関数や固有値だとかは最初から行列と対応させて読むほうが分かりやすい気がする。4章の特殊関…

1月中に読んだ本まとめ

・『大人のための読書の全技術』斉藤孝本を読む上での真っ当な技術の概要が書いてある。少なくとも本を読むぞ!という気にさせられる点で類書よりよい。・『百器徒然袋 雲外鏡 薔薇十字探偵の然疑 (怪COMIC)』志水アキこれ原作読んだっけか……?志水さんのコ…

『統計熱力学』原田義也 感想

評判のよい化学熱力学や量子化学の本で有名な原田さんの統計力学の本。ミクロカノニカル分布の説明を丁寧にしたあと、カノニカル分布とグランドカノニカル分布を全系をミクロカノニカル集団とみなすのと、それぞれの集団を考えるのとの二通りの仕方で導出し…

『高校数学でわかる流体力学』感想

流体力学とは、非平衡熱力学の本を立ち読みしたときにチラッと名前が出てきたりとか、移動論での何かの式の根拠にちょっと名前が出てきたとか、そういう程度のお付き合いしかなかった。上の分野も専門とはずれるから、流体力学は名前だけ聞いたことのある親…

『新しい量子化学(上)』感想

理工書は、可能な限りいちいち式展開を自分で追って演習問題が付いていれば解くというのをやると捗る。B2の終わりころに買った『新しい量子化学(上)』をちゃんと読んだ。具体的な計算の話に入ってからは飛ばし気味だったけれど。上巻は三章からなる。一章が…

2014年個人的音楽TOP10

2014年でとくに印象に残った楽曲を10個絞り込み。last.fmやiTunesの再生数には関係ない感じで。コメントは随時追加・更新するつもりでいます。曲名アーティスト名/アルバム/発売年1.AdulaliaDJ TOTTO/「beatnation RHYZE vs HARDCORE TANO*C」or「beatmania …

近況

コンデジ、COOLPIX S9700( http://kakaku.com/item/K0000620055/ )買いました。ちな初カメラ。ついでにflickrはじめました。https://www.flickr.com/photos/hairpincurve/こういう風にしたいときはパラメータをどう変えればよいかが何となくわかってきたかな…

今年中にやりたいことリスト

1月も下旬に入ろうとしていることに気づいてしまい、このまま何もせずにあっという間に1年が終わってしまうんじゃないのか……と危機感を感じたので、やりたいことを明確にしよう思った次第。1.読書大きな方向性としては1.世界史、2.科学史、3.お飲み物、4.SF…

NW-F886/P買いました

http://kakaku.com/item/J0000010476/イヤホンはそこそこいいのhttp://kakaku.com/item/K0000232128/使ってるのに他の再生機器がお粗末すぎるよなあ、とかねがね思っていまして、これが発表されたときからやべえ欲しい、と思っていたのをついに買いました。A…