読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

99ln(99/e)

人生のログ(にしたい)。本のメモや感想を中心に。

AP受かったっぽい

2016年秋の応用情報技術者試験うかったっぽいので早速。合格証書はまだ先なので一応ぽい。

そもそも如何に適当なスタイルで受かったかどうかを書くためだけに受けたので証書も届いてないうちにノリノリで書いておくわけですね。だので当然役に立つ記事ではないです。

 

本来は成績も見れるんですが、受験票を捨ててしまってパスワードを請求しないといけなくて面倒くさいから分かりません。受験番号は電話で問い合わせました。

 

・バックグラウンド

学部は非情報系でアナログな感じの工学部でした。いまはインチキ情報系。インチキというのは名称の上では情報と付くけどとくにそういうことはやらないという意味。気持ちの上での本業は統計学寄りのこと。

Pythonくらいは書くけど数値計算とか数値実験とかしかやらないので(しかもお作法が身についていない)APには全く役に立たなかったです。

というわけで予備知識はほぼ無かったです。イムリーなネタとして機械学習とかベイズ統計とかせめてモンテカルロ法とかが出てくれるとサービス問題だったんですが出ませんでしたね。

 

・やったこと

試験前の1週間前までペルソナ5のせいで忙しくて何もしてなかったです。その後の1週間でこれを電車移動の間とかにとにかく周回。*1

 ですが前日か前々日くらいに過去問道場がとても便利になっていることを知って、そのあとはこっち。

www.ap-siken.com

今後受ける人は古い年度も含めてとにかく道場周回すればいいんじゃないかと思います。よくわかりませんが。

 

午後は経営戦略とプログラミングと組込みとシステム監査を選択しました。

午後は国語の問題でしょwと舐め腐っていたので過去問を解くことさえしてないくらいに全く何もやってないです。今回は簡単だったので困らなかったけども常識的に考えて過去問くらいはやるべきだと思います。

 

合格教本もありましたが、結局広く浅く書かれていて読み物として面白くないので全く活用できてないです。

 

・感想

勉強中は何だこのつまんねー試験はとか思ってたんですが、受かったことが分かるとまあ嬉しいもんですね*2

 

*1:若干盛っている。正確には申込み直後はやってた

*2:まあろくすっぽ……